冠婚葬祭のマナー全分かり!

お葬式は仏式が多いです

あまり意識していないかもしれませんが、日本のお葬式はほとんどが仏式です。
これには歴史的な背景があります。
日本古来の土着宗教は神道であり、実際に多くの人が神社にいきますし、お守りやお札などをもらって所持していたりします。
しかし、葬式は仏式でやるのです。
これは江戸時代に檀家制度ができて、現在の戸籍にあたるものを寺で管理することになり、その流れで葬式に関しても寺が行なうようになったのです。
現在、葬式の作法が色々とありますが、実際には仏教の経典には特に葬式の作法について書かれているものはなく、殆ど日本独自のものになっています。
仏式ではあるのですが、かなり神道の影響を強く受けており、作法、マナーには神道のものがあったりします。
このあたりが日本の宗教観がいまいちわからないと言われる由縁です。
しかし、宗教的にあっているかどうかは別として、日本でのお葬式のマナーは熟知しておき、失礼がないようにお葬式では常識的にふるまいたいものです。